チョークアートの始め方(道具)

チョークアートって?

ぼく知ってるよ!チョークアートって最近流行りの教室の黒板に描くあれのことでしょ!
間違ってはいないんだけどあれはどちらかというと黒板アートかな?
今から説明するチョークアートとはちょっと違うんだ

でもチョークを使ってるよね?どう違うの?
実はチョークアートで使ってるのはチョークじゃなくてオイルパステルっていう画材なんだよ

チョークアートと聞いてパッと思い浮かぶのは最近流行りの黒板にチョークで描かれたアート作品って人もいるのではないでしょうか?
もちろんこれもチョークアートではありますが、いわゆる学校の授業で使うチョークを使っている「黒板アート」と表現するのがしっくりくるような気がします。
現在一般的にチョークアートと呼ばれているのは専用のオイルパステルと指を使ってブラックボードに描いていくオーストラリア発祥のアートのことです。
学校の授業で使うチョークとは違って発色がよく、クレヨンに近い使い心地です。描いた後にコーティングをするので擦ったり水に濡れたりして消える心配もありません。

チョークアートの道具

それじゃあ早速チョークアートの道具を紹介していくね

オイルパステル

上:カランダッシュ ネオパステル 96色セット 
下:ぺんてる クレヨン 専門家用パス PTA-50D 49色(白2本入り)

カランダッシュの方はまぁまぁいいお値段しますので、試しにやってみたい!という方はまずぺんてるの方を購入されるのがいいかと思います。
ただ、白だけはカランダッシュも用意するのがおすすめです。発色がいいです。というか柔らかいのでノリがいい。カランダッシュの方が柔らかくて色を混ぜやすいです。ぺんてるはカランダッシュに比べると硬めなんですが、細かい部分を描くときはぺんてるの方が描きやすいです。形状も四角なので角を使って描けます。色はぺんてるの方が日本人好みの色が多いような気がします。どちらもそれぞれ良さがありますし、描き心地はホントに好みなので色んなメーカーを試して一番自分が描きやすいオイルパステルを選んでみてください。

カランダッシュは丸く、ぺんてるは四角い。

基本の道具

  • ペンキ用ローラー
  • フェキサチーフ
  • ラッカースプレー
  • スポンジブラシ
  • 缶オープナー
  • 水性ペンキ
  • ブラックボード
  • MDFボード

使用感がすごい…
ローラーはボロボロしてきたから替え時だね

ペンキ用ローラー
水性用。ローラー部分がスポンジになっているもの。10cmくらいの幅のもの。
ボードにペンキを塗るときに使います。
フェキサチーフ
定着スプレー。パステルの粉が擦れて汚れるのを防ぎます。絵が完成したらスプレー!
ラッカースプレー
水性。ツヤ消し透明タイプ。作品の表面を保護します。用途に合わせて選ぼう!
スポンジブラシ
ボードの側面はスポンジブラシで塗ると簡単キレイ!
缶オープナー
ペンキの蓋を開けるやつ。あってもなくてもOK。
水性ペンキ
カンペハピオ社アレスアーチがおすすめ。ざらつきがあってパステルが塗りやすいです。基本はアーチブラックで、後はお好みで他の色を試してみてね♪
ブラックボード(MDFボード)
ブラックボードとして販売されてるものを購入してもいいですが割高です。
自分でホームセンターでMDFボードを買って黒くペイントしましょう。かなり安上がり。カットはその場で有料でしてもらえます!

あったら便利な道具

  • グラファイトペーパー
  • 刷毛
  • ブラックペンシル
  • ペン型消しゴム
  • ホワイトペン

グラファイトペーパー
下絵をボードに写す転写シート。チャコペーパーやホワイトカーボン紙でもOK。
刷毛
ボードについた消しゴムのカスやゴミなどを払う。やわらかいもの。
おすすめはウチダ製図用ブラシ・小。
ブラックペンシル
ファーバーカステル社アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆黒。
ちょっとはみ出した部分の修正や細部の陰影に。
ペン型消しゴム
オイルパステルは消しゴムで消えるんです!
細かい部分を修正するときに。
ホワイトペン
uni-ball signo 太字。
仕上げの文字入れなどに。くっきりきれい。

ざっとこんなところかな~

結構色んな道具が必要なんだね!
形から入るタイプだから全部揃えちゃおっと!
うんうん♪
やる気出るし気持ちの面では形から入るのも重要だよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です