デザイナー・イラストレーターに最適なデスクライトを探す

デスクライトが欲しい!

インテリアに特別こだわりはありませんが、お客さんが来た時に「おしゃれだな」とは思ってもらえなくとも「ダサいな」と思われたくない!
ということで賃貸でよく備え付けられてる宇宙船みたいな照明からおしゃれなものに変えたんですね。
「照明がおしゃれだと部屋がおしゃれに見える」というマジック。
ごく普通のダイニングテーブルも照明一つで飲食店のような雰囲気。
夜はご飯食べたりDVD見たりするくらいなのでリビングの照明も電球色の暗めのものです。その方が夜はリラックスできますし。
そんな雰囲気重視のおしゃれ照明に満足していたんですがひとつ弊害が。

絵を描くときに手元が暗い!

今までは集中して作業するのは土日の昼間だったためあまり気にしていませんでした。窓際の太陽光が届く明るい場所で描いてましたし。雨の日は明るめの照明がついてる物置兼お客さん用の和室に移動して描いたり。でもまぁ寒いし畳に座って描くのは正直辛いんですよね。
っていうか昼間の晴れた日にしか絵が描けないなんて非効率すぎる…!
何かいい方法はないかと考えた結果、デスクライトを買うのが一番手っ取り早いなと。(もっと早く気付けばよかった)
そうと決まれば話は早い。デスクライトのリサーチ開始です。

デスクライトのリサーチ開始

デスクライトって安ければ2000円とかで売ってますよね。
私も学生の頃はよくホームセンターなんかで安く売ってる青白い光を放つ蛍光灯のデスクライトを使っていました。
でもどうせ買うなら良いものを買いたい。そういうお年頃です。
まずはデスクライトを買うにあたってのポイントを絞ってみます。

  • LEDライトで寿命が長い
  • 太陽光に近い自然な光
  • 手元に影ができない
  • 均一に照らす
  • 目に優しい
  • 見た目がおしゃれ

この際お値段は気にしません。
リサーチの結果2つまで絞りました。
その候補が…

  1. Glowide Wood   ¥42,980 (税込)
  2. BALMUDA The Light ¥39,960 ( 税込 )

いやはや想像以上のお値段。
0が一個多いんじゃないの?って感じです。
それではひとつずつ見てみましょう。

候補1:Glowide Wood

Glowide Wood LED デスクライト
Plum Science
価格:¥ 42,980
本体寸法: 高さ377 mm・長さ256 mm・幅81 mm
寿命: 6万時間  
明るさ調節機能:3段階
色温度 : 4600-5600K
器具光束:480lm

LEDと透明アクリル板を組み合わせたデスクライトです。
LEDから放たれた光が透明アクリル板の中を移動し、その先端からちょうどいい角度で放たれてデスクの上を明るく照らしてくれます。
「デュアルエッジ屈折技術により、長方形の広い60cm × 40cmムラのない均一な照明領域を確保」ということなので絵を描くには十分ですね。
アクリル板を使うことで目にやさしい紫外線カットの光を実現しているのもポイントが高いです 。
そして見た目。これライトなの?と思うほど一般的なデスクライトとは一線を画すおしゃれさ。透明なので圧迫感がなくていいです。
ただちょっと場所をとるかな?扱いがデリケートなのでは?というのが懸念材料…

候補2: A The Light

BALMUDA The Light
BALMUDA(バルミューダ)
価格:¥ 39,960
本体寸法:高さ463mm ・奥行き264mm・ 幅191mm (標準姿勢)
寿命: 4万時間
明るさ調節機能:6段階
色温度 :5700K
器具光束:430lm

あのトースターや扇風機で有名なバルミューダのデスクライト。
子どもの目を守るというコンセプトで作られたようです。
医療用の手術灯をヒントに開発されていて、ミラーで光を反射させ、影のない光を作り出すので目線の先に影を作りません。
手術灯は無影灯とも呼ばれているので期待大ですね。
また、医療現場や美術館など色に正確さが求められる環境で使用されている太陽光LEDを使っているので、蛍光灯や電球に比べて色が正確に見えます。
これはもうイラストを描くには最適ならいとじゃないでしょうか。
見た目も一般的なデスクライトに比べると可愛い。
Macの横に置いても違和感なさそうです。
ブラックとホワイトの2色でしたが最近限定カラーのベージュも加わったみたい。

BALMUDA The Light を買うぞ!

どちらも素敵な商品ですので気に入った方を買うのが幸せになれます。
ということで私はBALMUDA The Lightを買うことにしました。
両者を比較した時の決め手としては

  1. 太陽光LED
  2. 価格が4万円以内
  3. 場所をとらない
  4. 鉛筆立て&小物トレーがついている
  5. 医療灯の技術ってなんとなく信頼性がある

の5点です。
どちらも均一にムラなく照らしてくれるという点は同じなので、その他の点で比べてみました。
やはり太陽光LEDというのが最大のポイントですね。
あとGlowide Woodの方は影ができないかどうかがいまいちよくわからなかった点と、形状が形状なだけに置き場所が限られちゃう点がやっぱり引っかかりました。肘が当たっちゃって邪魔になっちゃいそうな気がして…実際はどうなのかはわからないですが。読書とかするだけならいいとは思うのですが、絵を描くときは結構画材が場所をとるのでデスクライトはできるだけ省スペースでこじんまりとしていただくのがベストです。
その点 BALMUDA The Lightは植木鉢的な形状なので私のごちゃごちゃしたデスクに置いてもゆとりがあります。
よく使うお気に入りの筆記具を入れておけるのも地味にうれしいです。
ということで BALMUDA The Lightを買うべくビックカメラへといざ出陣!
ちょうどpaypayのポイントもあるしね!
実際に使用した感想はまた後日レビューしたいと思います!

8 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です